So-net無料ブログ作成

メルヘンのサンドイッチ

美味しいパンは、心もふわっと満たしてくれる。
サンドイッチが大好きな私のイチオシのお店は
「サンドイッチハウス メルヘン」
CIMG3138.JPG
このお店のショーケースの前に立った時のワクワク感はたまらない。

バリエーションも多くて、
定番にひかれながらも旬の食材の期間限定サンドイッチは必ず試してみたい的衝動
が、抑えられないのであります。
というわけで、いつもついつい買いすぎちゃうんだよなー。
今のお薦めは、菜の花を使ったサンドイッチ。

コンビニで買うサンドイッチは、見た目はなぜかすごーく美味しそうだけど、
食べると味も中身も薄くてがっかり、なことも多い。

どうせ食べるなら、美味しくて嬉しい、サンドイッチがいいな。



桜のマカロン

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュの春の定番、桜のマカロン。
甘さも香りも、うなるほど完ぺきです。
お酒にもよく合いますよ。
CIMG3137.JPG
マカロンって、以前はあんまり好きじゃなかった。
日本人の口には合わない、遠い国のお菓子のようなイメージだった。

ところがどうしたことでしょう。

このお店のマカロンを初めて食べた時、老舗の上生菓子のように、
繊細で、丁寧に仕込まれた味に感動。
思わず、止まらなくなるほどでした。

日本だからこそ味わえる、この贅沢を大切にしたい。

震災の影響なのか、いつもよりお店にはお客さんも少なくて・・・
みんな、早く春を思い出してほしいな。
希望の春は、健在です。





仙台の牛たんは不滅なのだ![たんや利久 東京駅店]

CIMG3134.JPG
思いがけず、東京駅で元気に営業している「たんや利久」を見つけて
感激しました。
お腹すいてなかったけど、
食べたい。食べなくちゃ。
と思い、お弁当を買いました。
CIMG3135.JPG
東北地方への旅では、仙台への「牛たん寄り道」が欠かせない。
「たんや利久」はその中でも一番お気に入りのお店です。
美味しいのはもちろん、スタッフの方々の心の厚みがじーんとくるのです。
だからこそ、いつまでも忘れられない味。
そして、また行きたい場所になるんだろうなぁ。

牛タンなんて、どこでも食べられるでしょ?と思っている人。
知らないでしょ。
このダブルの「厚み」を。

また会いに行きたい。
そんな思いをかみしめながら牛たん弁当を食べました。

がんばれ東北!


桜のように強く美しく

今日は久しぶりに友達とホテルでランチ。
震災以後、穏やかな時間を過ごすのは初めてかも。
CIMG3133.JPG
ロビーには豪華な桜のディスプレイ。
そうか。。。。。今、日本は春なんだ。
この数週間の間、寄せては返す悲しい波に、
春の訪れも忘れかけていました。
CIMG3127.JPG
ホテルでは恒例の桜まつりとかで、限定メニューがありました。
桜の懐石コースです。
なんともかわいい蓋の中は2段のお重が。
CIMG3128.JPG
CIMG3130.JPG
鮮やかで、でも、心が落ち着く。美しい春の色。
ほんのりと匂う桜の薫りに存在感がありました。
CIMG3132.JPG
最後も桜のシャーベット。
こんなにもさくらの味ってはっきりしてたっけ?

いつもは奥ゆかしい日本の春が、今年は自己主張している気がする。

強くならなくちゃ。これからのために。
できれば、強く+美しく?








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。