So-net無料ブログ作成

やるじゃないか、バスキング!

お風呂大好き。
本やCDを持ち込んで、水分を取りながら1時間ぐらい入っています。

入浴剤は、このところツムラの「きき湯」シリーズでした。
あったまるんですよ、ほんとに。冬のお気に入りです。

春になったので、そろそろ入浴剤も衣替え。
最近のお気に入りが、バスキングのアソートBOXです。
CIMG3161a.jpg
ゆず、さくら、ラベンダー、森の薫りの4つの種類が入ったお得なパック。
特に、さくらが、超×10 気に入っています。

お湯も少しとろみがあって、やわらかい感触。
入浴剤は、「きき湯」シリーズ以外は海外のものを使うことが多かったのですが、
これは久々にヒットです。
いやー、進化したなぁ。

こんな贅沢、湯船に浸かる文化がある国だからこそ、ですね。


フレンチ・ウィンドウ展

森美術館のフレンチ・ウィンドウ展に行きました。
フランスの現代美術コレクター集団ADIAFが主催の
マルセル・デュシャン賞受賞作品を中心に展示する、
まさに現代アートの「旬」の企画展。
開催直前に地震があり、オープンが少し遅れたのですが、
楽しみにしてた企画展だったので、早速行ってきました。

CIMG3155.JPG

この美術館は六本木ヒルズの53階にあり、展望室とセット
で楽しめるので、いつもは観光客も多い、賑やかな場所。
予想はしていたけど、本当に閑散としていて、チケット売り場にも
だ~れもならんでいないという驚くべき状況。
いや、美術館の客としては、ゆっくり観られてよいのですけれどね。

ところが。
震災の影響は客数だけではありませんでした。
楽しみにしていた展示のいくつかが、余震のためか展示を
一時中止していて、無かったの。。。。。

ええ~ がっかり[バッド(下向き矢印)]
チケット買うときに言ってくれたら、
日を変えて来るとか考えたのに[むかっ(怒り)]

いつ展示が復活するかわからないけど、
会期が延長になったようなので、リベンジしてやるー!

と思ったら、また余震。。。。
いつ終わるのかなぁ。

貪欲でありつづけるという純粋な美しさ[シュルレアリスム展]

国立新美術館で会期中のシュルレアリスム展へ行きました。
CIMG3153.JPG
印象派などと違って、とっつきにくいジャンルと思われがちなシュルレアリスムも、
日本で開催すると、こんなにも○○○できるのかと感心。
今、流行りの、「わかりやすく伝える」商法?

子どものころから、グロテスクに抵抗はなかった。
エッシャーやマグリットの不思議な世界に、見た目だけではない、
得体の知れないメッセージに、心が揺り動かされた。
それがシュルレアリスムだと認識したのは、フランシス・ベーコンの「椅子から立ち上る男」
を見たときのこと。
びりびりと、自分の肌がはがされるような、衝撃的な出会いでした。
ほぼ同時期に、アウトサイダー・アートというジャンルを知り、
彼らの解放された創作活動が、うらやましくさえ感じました。


型にはまること、何かに従うことは、一時的な安心感を得ることができる。
そんな気がするだけで、なにも満たされはしないのに、なぜかそう考えて行動してしまう。
麻薬のように、それに飼いならされてしまうこともあるだろう。

思想さえも抑圧される時代は終わり、現代は自由を手にしたはずなのに。

私たちは自由になったのだろうか。解放されたのだろうか。
この1カ月、人類を不安に陥れているのは、からっぽな、自分自身なのかもしれない。

シュミレーションゴルフって面白いですね。

初めて、シュミレーションゴルフなるものを体験しました。

CIMG3143.JPG
テレビゲームではやったことあるけど、実際にクラブを握って、
振り回す(あえてこの表現に)のは初体験。
いやー、面白いですね。コレ。
できないなりに、夢中になってしまいました。
ただ前にボールを飛ばすだけなのに、なんとも奥が深い。
これはハマってしまいそうです。

CIMG3141.JPG
2時間の飲み放題パック5500円と、意外と安い。
お食事もちゃんとしてます。
写真に写ってないけど、パスタがおいしかった。

宴会も自粛気味のようですが、みんながお金使わないと
経済もストップしちゃう。
経済も気分も、こんな時こそ盛り上げないと。

たまにはこんなパーティいいかもです。
スカッとするし、お薦めですよ!

あの日、日本人の誇りは桜になった

サクラ・シラーズという有名なワインがある。
桜のラベルが美しい、オーストラリアワイン。
近年では、お花見ワインとしても定番です。
CIMG3159.JPG
ふくよかな、でもグッと力強さを感じる、満足度の高い1本。
このワインには、有る歴史上の事件が深く関係している。

1944年、第二次世界大戦中。
オーストラリア・カウラという町で、日本人捕虜数百名が大規模な脱走劇を展開した。
その結果、多くの犠牲者が生まれた。死者は200余名。
失うものは、初めからわかっていたのかもしれない。
でも、彼らは日本人としての誇りのために、行動をおこした。
トイレットペーパーよりも軽くなってしまいそうな、自分の「魂」を守るために―。

このできごとは「カウラ事件」と呼ばれ、
毎年、桜の咲く9月に、戦没者の慰霊祭と合わせて
現地では桜祭りがおこなわれている。
日本人墓地のそばに、2000本の桜並木が満開になる。
あの時、行動を起こした日本兵の魂は、今でも美しく咲き誇っているのだ。

震災以後、「日本人の誇り」が、度々、話題になっている。
今、日本では桜の季節。
いつもどおりの春が、何かを思い出させようとしている気がする。


さくらのチーズケーキ

社会人になりたての頃、
先輩がイチオシの「資生堂パーラーのチーズケーキ」を食べさせてもらった。
濃厚な味と不思議な食感、豊かな香りのコラボレーションに感動し、
そして、なぜか大人になった気がした。
 ・・・年たった今でも、このひとくちの贅沢を忘れることはできない。
そんな長ーいつきあいのこのクィーン・オブ・洋菓子に、
春のさくらバージョンがある。

3136s.jpg

期間限定モノで、発売当初は数週間で売り切れた話題のスイーツ。
今年はやっと落ち着いて、4月になっても入手できるようにになりました。

CIMG3160.JPG

水あめのようにねっとりとした食感のサクラペーストに、
サワークリームの清々しい香り。

チーズのほろ苦い後味もたまりません。

春のワインとともに楽しみたい、逸品です。

無くなり次第終了の数量限定品。
まだの人、急いで!

マカロン専門店の桜

今年は桜の開花が遅めなのに加えて、
震災の影響でイベントも自粛気味なせいか、
なかなか、お花見気分とはいかないところ。
しかーし。
春の桜スィーツ巡りは、まだまだ続きます。
CIMG3157.JPG
マカロン専門店「マドモアゼル・マカロン」の、春のオススメ商品は「春かさね」。
桜のマカロンと抹茶のマカロンのペアです。
マーブル模様のマカロン「マルブル」のセットも一緒に買いました。

味は、正直なところ、まぁフツー・・・
もう少し甘さ控えめなほうが好きかな。
凝ったネーミングと見た目のかわいらしさにはひかれますけどね。
華やかなパッケージで、おもたせにはおすすめです。



「断捨離」に、モノ申す。

年度末は、年末に負けず劣らず、会社や家庭で「断捨離」が活発な時期です。
いつも、この時期になると、ゴミの山(本当は、資源の山)を見て心が痛みます。
そして、よく聞く言葉はコレ。

「捨てればいいじゃない。」


断捨離は、生活を快適にする。。。
本当にそうでしょうか。
捨てたものは、あなたの目から一時的に見えなくなるだけで、消えてなくなるわけではない。
「ごみ」として分類されたその資源は、
新しい可能性を秘めた素材のひとつになり得るかもしれないのに。
どこかで、だれかが必要としているかもしれないのに。
宇宙にひとつしかない、大切な地球という美しい星の、
未来を脅かす「癌」なってしまうかもしれないのに。

日本には「MOTTAINAI」という文化がある。
この言葉、
むしろ思想というべきかもしれないけれど、
世界中に称賛される日本独自の素晴らしい文化。

消費行動が、経済の循環システムを支えていることはいうまでもない。
でも、考えてほしい。
消費とは、「捨てる」ことなのか。
捨てる前に、それは、どこへ行くのか。
できるなら、買う前に、
欲を言えば、作る前に、
よく考えてほしい。
循環とは何なのか。
最終的に、どこへ流れ着くのか。

それは、地球の未来ではないでしょうか。
私たちは、未来へこれ以上負の遺産を残すわけにはいかない。

    自分さえよければいい

そんな考えこそ、きっぱりと断捨離すべきだと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。